宋代の墓を発見 内部に鮮やかな壁画 江西省


  江西省文物考古研究所の職員がこのほど、同省徳安県聶橋鎮蘆渓村の望夫山鳳凰嘴で、彩壁画が描かれた北宋(960〜1127年)のものとみられる墓を発掘した。墓から見つかった彩壁画は、千年ほど前のものながら墨跡あざやかで、絵の中の人物も生き生きとしている。描写は緻密で、熟練した技法だという。

  専門家は1カ月におよぶ分析や検証の結果、墓全体を移転し、壁画を切り取って保存することを決定した。墓に使われていたレンガに一つ一つに番号をふり、別の場所に同じように再建した上で、保護する。(編集ID)

  写真:宋代のものとみられる、墓で見つかった彩壁画

  「人民網日本語版」 2006年7月6日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:[email protected]