政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年08月13日12:37 (北京時間) 文字

日中友好協会、小泉首相に靖国参拝停止を強く要求


  日本中国友好協会は11日に声明を発表し、日本の小泉純一郎首相に対し、A級戦犯が祭られている靖国神社への参拝停止を強く求めた。新華社が伝えた。

  ▽声明の主な内容は次の通り。

  小泉首相による靖国神社への参拝により、日中関係は国交正常化以来では最悪の状態に陥っている。日本の経済界や政界では、小泉首相の靖国参拝に反対する叫び声が絶えず高まっている。「読売新聞」のアンケートでは、日本国民の半数以上が次期首相の靖国参拝に反対すると答えた。
 靖国神社はかつて侵略戦争を推進する精神的な支柱であり、現在でも侵略戦争を「自衛のための戦争」「自由と平等の実現のための不可避の戦争」と美化している。首相による靖国参拝は、侵略戦争の正当化を企図するものと言わざるを得ない。もし、小泉首相が参拝を強行すれば、必然的に中国、韓国など日本の侵略を受けたアジア諸国の国民を傷つけ、日本に対する不信感が増すことになり、日本はアジアでますます孤立するだろう。
 日本中国友好協会は、日本の国の立場を代表する首相が、憲法の精神と原則を必ず守り、冷静に判断を下し、8月15日だけでなく、いかなる時も靖国神社を参拝しないよう、強く求める。 (編集UM)

  「人民網日本語版」2006年8月13日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp