貧困のウイグル族少女にアラビア語学習支援 寧夏





  寧夏回族自治区銀川市のアラビア語女子学校が3日、始業した。貧しい家庭に育ったウイグル族の少女38人が入学し、ここで3年間アラビア語を学ぶ。

  自治区の有志らが設立した貧困のため学校に行けない少女への就学支援プロジェクト「民間春蕾計画」は、スタートから5年でウイグル族約200人の学業修了を助けた。卒業生らは教育、貿易、物流などの業界でアラビア語翻訳者などとして活躍、自らが学んだ知識を生かし、貧困に別れを告げた。(編集ID)

  「人民網日本語版」2006年9月4日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]