政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾





 
  更新時間 :2006年09月12日08:36 (北京時間) 文字

スーパー水稲が世界新記録を樹立


  中国のスーパー水稲は7日、再度世界高生産量記録を更新し、1ムー(1ムーはやく15分の1ヘクタール)あたりの収穫高は1287キロに達した。この目覚しい成果をあげたのは雲南省麗江市永勝県の濤源郷で栽培された新品種の「協優107」水稲である。

  7日、科学技術部は国内の著名な水稲専門家と地元農業主管部門の関係者を組織して、南京農業大学が実施した「水稲新品種協優107の精確定量栽培」を現場で検収した。専門家たちが国の基準にもとづき換算したところ、この水稲新品種の1ムーあたりの収穫高は1287キロに達したことが明らかになった。

  「協優107」は、国の「863」特定項目の資金援助で「長江学者」の万建民教授らの課題チームが選択して、育成し、国の審査・検収をパスしたスーパー交雑水稲新品種である。南京農業大学の丁艶峰教授、王紹華教授らは中国の著名な水稲栽培専門家である凌啓鴻教授の指導の下で、中国が最初に取り組んだ「水稲の精確定量栽培」原理を運用し、地元の実情とにらみ合わせて、精確な設計を通じて、1ムーあたりの水稲収穫高の突破を実現した。

  この成果は、中国の水稲育種と水稲栽培の技術水準が世界の先進レベルに達したことを裏付けるものであり、優良品種と優れた耕作法の結合は水稲の生産や食糧の安全に大きく役立つに違いないことを立証するものであると中国農業科学院のテキ虎渠院長は語った。

  「チャイナネット2006年9月11日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp