鄭和の大航海支えた船を復元、南京で落成式





  明の時代、大艦隊を率いて南海遠征を行った鄭和の船が復元され、落成式典が9月24日に南京で行なわれた。復元された「宝船」は、当時鄭和が率いた艦隊のうち、中型船の大きさに基づいて設計されたもので、全長63.25メートル、幅員13.8メートル、排水量は1300トン。中国古代で最先端だった造船技術を再現した。(編集SN)

  「人民網日本語版」2006年9月25日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]