中国独自開発のOS「銀河麒麟」、国防分野で応用も可


  科学技術部は4日、中国科学研究員の4年余りの研究を経て、セキュリティレベルが今までで最も高く、中国独自の知的所有権を有するオペレーションシステム(OS)――「銀河麒麟」の研究・開発に成功したことを発表した。同システムはすでに北京で専門家による検査を通過した。北京の日刊紙「京華時報」が伝えた。

  同部の責任者は以下のように述べる。

  OSはコンピューターの核心部分だ。中国のOS市場は長い間、基本的に海外製品の独占状態だった。「銀河麒麟」の研究・開発の成功は、中国のOSの研究・開発レベルが新しい段階に入ったことを示している。

  「銀河麒麟」はこのほど、国防分野の関連情報システムにおいて応用に成功した。業界ユーザーのニーズも満たすことが可能なため、金融、政府、教育、証券などの分野でも応用できるということだ。(編集AY)

  「人民網日本語版」2006年12月5日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]