社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年01月24日15:58 (北京時間) 文字

南京 スケールの大きな六朝時代の墓を発見


  1月23日、江蘇省南京市博物館では、南京市上坊鎮にある六朝時代(紀元222−589年)の孫呉墓の考古学的調査の成果が公表され、一部の出土文物が展示された。

  2005年末から、南京市博物館の考古学関係者は、南京市江寧区の上坊鎮にある約1700年前の六朝時代の孫呉墓に対して考古学的発掘を行った。

  この墓は縦穴煉瓦室の構造で、スケールが大きく、構造もユニークで、煉瓦室は全長20.16メートル、幅10.71メートル。墓の主人は孫呉時代後期の貴族或いは孫呉の宗室と推測される。墓から金、銀、銅、鉄、漆、木、磁器、陶器などそれぞれ違う材料の文物約170点と銅銭600余が出土した。なかでも青磁器が多く、これは南京地区で発見された六朝の墓の中で磁器の件数が最も多く、種類がよくそろっている墓である。孫呉時代の墓の等級制度、大型の墓の構造およびその時期の社会儀礼、絵画、磁器工芸などの研究のための重要な実物資料を入手したことになると見られている。

  写真:南京市博物館で展示されている上坊の六朝時代の孫呉墓から出土した一部の磁器のはにわ。(1月23日撮影)

  「チャイナネット」2007年1月24日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]