頭部に角、「竜」に酷似の化石を発見 貴州省





  貴州省安順市の興偉古生物化石博物館で、展示されている「新中国竜」(Neosinasaurus)の化石に対し専門家がクリーニングを行ったところ、頭部から2本の角が生えていることが発見された。中国の神話における竜と非常に似ており、多くの観光客が一目見ようと訪れている。

  この化石は1996年に同市関峰県新鋪郷で出土したもので、保存状態は非常に良く、体長は7.6メートル。(編集SN)

  写真(1):新中国竜の体の一部

  写真(2):新中国竜の頭部

  「人民網日本語版」2007年6月11日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]