社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年06月20日10:09 (北京時間) 文字

日本による沖ノ鳥岩のサンゴ増殖は国際条約違反


  外交部の定例会見で19日、秦剛報道官が質問に答えた。

  ――日本が「沖ノ鳥」島付近ですでにサンゴ増殖計画を開始したとの報道がある。同島は中国との係争区域に属すが、これをどう受け止めるか。

  まず概念をはっきりさせておくと、「沖ノ鳥」は島ではなく、岩である。つまり満潮時に水没するものだ。したがって、このような自然地理条件では、「国連海洋法条約」に基づくと、これは日本が主張する200海里の排他的経済水域(EEZ)および大陸棚を備えるものではない。この岩を基に広大な管轄海域を主張し、さらに人為的な手法によってその主張を支え、あるいは推進する日本のやり方は、公認された国際法のルールに合致せず、また国際社会の利益に影響を与えるものである。(編集NA)

  「人民網日本語版」2007年6月20日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp