社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年06月28日15:45 (北京時間) 文字

広州にフリーター出現、資金貯まると旅行へ


  広東省広州市では、会社に1〜2年勤務した後、退職して休暇を楽しみ、しばらくすると再び働き始めるフリーターの若者が出現した。中国語では「飛特族」と書くフリーターは、外国で流行している生活スタイルと見られていたが、ついに広州にも姿を現した。「広州日報」が伝えた。

  寧夏回族自治区出身の鳳舞さんは、大学卒業から8年。2005年5月にウェブサイト会社を退職し、チベットを40日間余り旅行した。原始の生態環境が保たれているチベットに鉄道開通前に行きたかったのだという。

  鳳舞さんは、仕事を辞めたことを後悔していない。仕事はつらくて息もつけなかったからだ。鳳舞さんは「今は毎月7000−8000元稼いでいる。まだ住宅ローンがあるが、遊ぶことも重要だ。預金通帳の残高が5けたになれば、遊びに出かける。お金はそれほど重要ではない」と話す。

  鳳舞さんの親友、白薇さんは高校を卒業すると渡米した。シリコンバレーで4年働いた後、体調を崩して帰国した。静養中には太極拳とヨガ以外の運動ができず、彼女はインドに3回出かけてヨガを学んだ。インドから帰ってからも白薇さんは定職に就いたことがない。

  記者は5人のフリーターを取材したが、それぞれ仕事の能力は高く、旅行から帰っても就職に問題がないようだった。広州の若者たちの間にこうしたフリーターが急速に増えている。(編集XX)

  「人民網日本語版」2007年6月28日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp