社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年07月06日13:19 (北京時間) 文字

携帯の電池爆発による死亡事故、原因は調査中 甘粛


  甘粛省金塔県双城鎮の鉄鋼工場で作業中のアーク溶接作業員が、携帯電話電池の突然の爆発により、折れた肋骨が心臓に刺さり死亡した。

  金塔県安全生産監督管理局の陳剛・副局長は5日、事故は去る6月19日午前11時30分に起きたと述べた。死亡したのは同工場のアーク溶接作業員・肖金鵬氏(22歳)。肖氏は事故発生時、携帯電話を作業着の胸ポケットに入れていた。携帯電話電池の爆発によって胸部と足に損傷を負った。胸部の傷口は13〜16センチにおよび、折れた肋骨が心臓に突き刺さり、死亡に至った。

  事故発生後、死亡した肖氏の携帯電話は見るも無惨に壊れていた。調査チームはその外観から「モトローラ」ブランドの携帯であると特定したが、具体的な型番はまだ不明。調査チームはモトローラの北京販売店への連絡を金塔県公安局に依頼、販売店は代表者を金塔県に送り込み、携帯電話の型番、電池の品質、爆発原因に対する技術的な調査を進めている。鑑定の結果、メーカー側に原因があると判明した場合、モトローラは賠償する意向を示している。(編集KM)

  「人民網日本語版」2007年7月6日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp