社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年07月07日10:59 (北京時間) 文字

日本で盧溝橋事件70周年記念集会


  盧溝橋事件(七七事変)から70年を記念し、「過去を正視し、未来を思考する」と題した講演会が6日夜、日中友好協会、日本平和委員会、日朝協会などの団体から250人が参加して開かれた。

  参加者・組織は、日本国内にある「慰安婦」、「南京大虐殺」などの事実を否定しようという誤った議論に反論、日本の侵略戦争がアジアの隣国に大きな災いをもたらしたとし、アジア各国の国民が団結を強め、平和への力を大きくしていくようにとの希望を述べた。

  講演した都留文科大学の笠原十九司教授は、日本の侵略戦争の過程を回顧して、戦後の平和憲法をしっかりと守っていくとし、今度の参院選は憲法改正を阻止し、民意を表明する機会だとの考えを示した。

  「慰安婦」調査活動を長く続けている西野瑠美子氏は、日本政府は「慰安婦」問題について、明確で、きっぱりとした形で公に認め、謝罪し、歴史の真相を伝えることで次の世代を教育していくべきだと指摘した。(編集ID)

  「人民網日本語版」2007年7月7日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp