社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年07月26日14:26 (北京時間) 文字

内蒙古:民族区域自治成功の60年(3)


  ■環境保護と建設を並行実施

  内蒙古は環境整備を最重要のインフラ整備として受け止め、環境の保護と建設を並行実施し、環境の自己修復能力の向上に力を入れている。近年は草原生態の整備と保護、天然林の保護、北京・天津地区の黄砂発生源への対策など、9項目の重要事業を相次いで開始した。

  数年間の努力を経て、森林被覆率と材木蓄積量の増加、砂漠化と砂質化面積の減少という「双増双減」効果を得ることができた。森林被覆率は1999年の14.8%から2006年には17.6%に増加、材木蓄積量は1999年に比べて8千万立方メートル増加、2006年の砂漠化面積は1999年比で160万ヘクタール減少し、砂質化面積は同48.6万ヘクタール減少した。内蒙古の環境は近年大幅に改善。黄砂の発生回数も大幅に減少し、北京と天津の気候改善に大きく寄与した。

  ■青年・壮年の非識字問題がほぼ解消

  内蒙古自治区成立前は、総人口の80%以上が非識字者で、大学は1校もなく、各種在校生は総人口の3%に満たなかった。2006年末時点で、自治区内の大学・高等専門学校は36校、大学生は25万2900人、うち少数民族の大学生は6万9400人に上り、2000年比で4.3倍に増加した。第10次五カ年計画(2001〜05年)の終わりには、9年間の義務教育は普及率88.35%を達成した。自治区教育庁の統計によると、小学生の中途退学率は0.09%、中学生の中途退学率は0.12%、青年・壮年の非識字率は2.7%だ。(編集NA)

  「人民網日本語版」2007年7月26日



関連報道
内蒙古:民族区域自治成功の60年(1)
内蒙古:民族区域自治成功の60年(2)
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]