社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年10月31日17:09 (北京時間) 文字

広島に1メガトン核爆発 「83万人死傷」予想 市算定


  広島市中心部で1メガトンの核兵器が爆発した場合、放射線や熱線などで83万人が死傷する――。広島市の「核兵器攻撃被害想定専門部会」(部会長=葉佐井博巳・広島大学名誉教授)が31日、核攻撃を想定した被害算定の報告をまとめた。国が国民保護法に基づいて05年策定の基本指針で示した核攻撃への対応策は被害の実態とかけ離れているとして、同市が専門家らの協力を得て、独自で想定した。同市の保護計画に盛り込むとともに、他の自治体の参考になるようにホームページ上にデータを公表する。

  専門部会は06年、放射線防護学や物理学の学者ら専門家6人の協力を得ながら、独自に被害の想定に着手した。

  (1)45年に投下された広島型原爆と規模が同じ16キロトン級(2)弾道ミサイルに搭載可能な広島型の62倍の1メガトン級(3)テロリストが携帯でき、地上爆発を想定した小型の1キロトン級――の三つの場合を想定。それぞれの核兵器が広島市中心部で爆発した場合の被害を算定した。

  その結果、1メガトンの核兵器が地上2.4キロで爆発した場合、少なくとも死者が37万2000人、負傷者が46万人に達するとした。爆心地から0.9キロ以内で屋外にいた人は放射線だけで全員が死亡し、7.9キロ以内は大規模火災で建物が全焼する。広島市中心部から18キロ離れた世界遺産の宮島でも爆風による死傷者が発生、と予想した。

  広島型原爆と同規模の核兵器が当時と同じ高度600メートルで爆発した場合は、瞬時に死者は少なくとも6万6000人、負傷者は20万5000人に上る。1945年末までに14万人が亡くなったとされる原爆投下の当時と比べ、建物倒壊による圧死などは減ると予想した。

  また、携帯型の1キロトンの小型核兵器が地上で爆発した場合でも、死者は1万人に達し、5万人が負傷する見込みだ。

  今回の想定値には、大火災で避難路がふさがれた場合や爆発後の放射性降下物などが人体へ与える影響などが十分考慮できておらず、報告書は「控えめに見積もったとしてもこれぐらいの被害が出るだろうというものだ」と指摘。「市民を守るためには核兵器廃絶しかない」と結論づけている。

  図:広島市の核兵器攻撃被害想定

  「asahi.com」 2007年10月31日

  Copyright 2007 Asahi Shimbun  記事の無断転用を禁じます。



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]