社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年11月14日17:40 (北京時間) 文字

中国の同性愛者は約3000万人 社会の寛容度上昇


  「同性愛者であることが職業選択にあたって不利な条件となるか」を聞いた最新の調査で、「ならない」と答えた人は、米国の86%を越える90%に上った。ジェンダー研究を長期にわたって続けてきた中国社会科学院社会学研究所の李銀河研究員が明らかにした。李研究員は「この結果は中国社会が同性愛に対してより寛容になったことを示しており、大きな進歩といえる」と語った。「中国新聞網」が伝えた。

  中国では、同性愛者がウェブサイトやバー、救急ホットラインなどを開くケースが増え、公共の場で抱き合ったりキスをしたりする姿も見られるようになった。大多数の中国人が「同性愛者と異性愛者は人格的に平等で、同様の雇用機会を持つ」という考え方を受け入れられるようになってきた。

  専門家によると中国の同性愛者は約3000万人と推定される。恋愛対象として同性を好む人が100人のうち2、3人いる計算となる。李研究員によると、過去において同性愛者は、苦痛を感じながら世間に知られないようひっそりと暮らす、自殺傾向が一般より高いグループだった。現在では、通信の発達によって、苦しいときはウェブ上でチャットの仲間を探すことなどが生活の一部分となり、同性愛者同士で交流会やスポーツ大会、ピクニックなどの活動を開くなど生活様式にも多様な選択肢が生まれた。(編集MA)

  「人民網日本語版」2007年11月14日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]