社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年11月20日13:53 (北京時間) 文字

昌北国際空港、ハイテク装置で渡り鳥を駆除 江西・南昌


  夏が去り冬が到来すると、北方の渡り鳥が南方に飛来する。大量の渡り鳥の飛来を迎え、江西省南昌市の昌北国際空港は年に1度の「鳥駆除大戦」のピークに突入した。

  中国最大の淡水湖・ハ陽湖を訪れると、越冬に来た渡り鳥が空を覆い尽くしていた。公的な予測では10万羽に上るとされ、しかもハ陽区渡り鳥保護区は昌北国際空港から直線距離で約30キロしか離れていない。同じく渡り鳥が集まる象山森林公園も空港から約10キロしか離れていない。さらに空港周辺は環境が良く保全され、水田地帯が広がるため、餌を求める渡り鳥が常に飛来し、航空機の離着陸の安全を脅かしている。

  空港側は最近、安全確保のために専門の鳥駆除要員を動員。ネットの設置や発砲により、連日日出から日没まで休まず駆除作業に当たっている。また、渡り鳥を傷つけずに追い払うため、英国から新型のコンピューター音響鳥駆除システムを導入。あらかじめ記録させた順序でハイ・パワーの超音波を4方向のスピーカーから順次発し、渡り鳥を驚かせて追い払う仕組みだ。(編集NA)

  ※ハ陽湖のハは「番」の右におおざと

  「人民網日本語版」2007年11月20日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]