社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年11月28日16:01 (北京時間) 文字

郵便物から毒グモが100匹 広州市の空港税関


  広東出入境検験検疫局はこのほど、タイから送られてきた速達便の中から生きたクモ100匹を発見した。鑑定の結果、チャイニーズ・ジャイアント(学名:Haplopelma huwenum)と呼ばれる毒グモの可能性が強いことが判明。同局によると、海外からの郵便物の中からこれだけ多くの生きた生物が国境検査で見つかるのは珍しいという。受取人が検疫申請手続をできない状態にあるため、「招かれざる客」はすでに廃棄処理された。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  今回摘発された国際速達便は、広州市の白雲空港に到着した。広州検験検疫局の郵便物検査部門で郵便物を調べていた検査員が、タイから発送された紙包みに中身の記載がないことを不審に思い、検査を行ったところ、巨大な生きたクモが大量に隠されているのを発見した。このクモは、手足を伸ばすと茶碗ほどの大きさがあり、細かく数えるとちょうど100匹いた。

  中山大学生命科学学院の鑑定によって、このクモはタランチュラの一種であることが判明。タランチュラは米大陸・オセアニア・アフリカ大陸・南アジア・東南アジアなどに生息する巨大な体を持つクモで、地下の穴に住み、中には強い毒を持つものもいる。(編集MA)

  「人民網日本語版」2007年11月28日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp