社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2007年12月05日16:34 (北京時間) 文字

貴州省で温室効果ガスを削減、13億元の排出量取引


  貴州省発展改革委員会(発改委)によると、貴州省は2006年からすでに10件のCDM(Clean Development Mechanism、クリーン開発メカニズム)プロジェクトを国連に登録申請した。全プロジェクトが実施されれば、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量は1700万トン以上削減される見通し。貴州省の関係企業が削減した二酸化炭素は、13億元で先進国と取引される。「貴州日報」が伝えた。

  「京都議定書」に締結した日本・フランス・ドイツなどの国が発展途上国から二酸化炭素の削減量を購入する排出量取引は、遅れた地域の企業の収入源の一部になっている。排出量取引は、温室効果ガスの削減を目的としていることから、国際エコ取引ともいわれる。貴州省発改委地区経済処の尹暁芬・元処長によると、この取引は発展途上国の温室効果ガス削減のコストを大きく抑えるだけでなく、遅れた地域の企業に発展のチャンスを与えているという。(編集KA)

  「人民網日本語版」2007年12月5日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]