農業部、「黒竜江省でアフリカ豚コレラ発生」報道を否定


  農業部はこのほど、黒竜江省でアフリカ豚コレラが発生したとの外国メディアの報道を受け、同省鶏西市所轄の虎林市、密山市、鶏東県などに専門家チームを派遣し、現地獣医部門と共に調査を行った。採集したサンプルを検査したが、アフリカ豚コレラは確認されなかった。

  調査の結果、今年同省で重大な動物感染症は発生していないことが確認された。アフリカ豚コレラが発生したと外国メディアが揚言した虎林市、密山市、鶏東県の養豚場(農家)で専門家チームが一斉調査を行ったが、どの豚も健康で、感染症は認められなかった。虎林市、密山市、鶏東県の14郷・鎮の養豚場(農家)76カ所で血液・組織サンプルを採集し、国際獣疫事務局(OIE)の推奨する方法で検査したが、いずれもアフリカ豚コレラは陰性だった。

  農業部の担当者は「中国国内でアフリカ豚コレラは発生していないし、中国はアフリカ豚コレラ発生国からの豚および関連製品の輸入を一貫して禁止している」と表明した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2007年12月7日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]