重慶市、精度98%以上の容疑者識別システムを完成


  重慶市公安局はこのほど、同市の重大科学技術攻略プロジェクト「人像対比の応用研究およびモデル」の成功により、容疑者や逃亡犯の顔を98%以上の精度で識別するシステムを完成したと発表した。

  同システムは骨格や瞳孔間距離のデータを比較するため、顔面の骨格が大幅に変化していない限り、小範囲の顔面整形くらいでは結果に影響を受けない。最大の用途は逃亡者の追跡で、容疑者の顔のデータをコンピューターに入力するだけで、本当の身元や前科の有無が直ちにわかる。整形をしていても、自動的に識別される。「重慶時報」が伝えた。(編集NA)

  「人民網日本語版」2007年12月17日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]