石家荘市、外国人管理の強化へ 五輪に向け


  河北省石家荘市の出入境管理処では今年、外国人管理の推進を重点として、業務レベルの引き上げをはかっていく構えだ。外国人が滞在する地区の派出所での管理を推進し、夏のオリンピック期間中に予想される外国人関連サービスの増加に備える。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  関連規定によると、外国人がホテルや旅館などに宿泊する場合には、民間企業か国家機関かなど宿泊場所の事業形態を問わず、パスポートまたは居留許可証の提示と「臨時住宿登録表」への記入が必要となる。石家荘市公安局は、市内の各県(市・区含む)の公安局と派出所の人民警察に向けて、外国人関連業務についての勉強会を開き、外国人管理の方法や証明書の見方、滞在登録の仕方などに対する指導を行っていく方針だ。(編集MA)

  「人民網日本語版」2008年1月22日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]