社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年02月18日10:10 (北京時間) 文字

中国初の海上の島の原発が着工


  「国家原子力中長期発展計画(2005〜2020)」の一環である福建寧徳原子力発電所の建設が18日に始まった。建設地の福建省寧徳市轄の福鼎市秦嶼鎮備湾村は福州市から北に143キロ、温州市から南に113キロの東中国海上に位置し、同原発は海上の島に建設される中国初の原発となる。福建省発展改革委員会が17日、発表した。

  100万キロワット級の発電ユニット4基を建設する第1期工事は総事業費512億元と、福建省で過去最大規模。広東核電投資有限公司、大唐国際発電株式有限公司、福建煤炭工業(集団)有限責任公司が共同で建設する。これら4基の発電ユニットは第2世代の改良型で、総合国産化率は75%に達し、海外の同タイプの現役原発と同等の先端水準を備える。

  今月中に1号ユニットと2号ユニットの建設を始め、1号ユニットは2012年、2号ユニットは2013年、3号ユニットは2014年、4号ユニットは2015年に発電を始める計画だ。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年2月18日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]