社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年03月05日18:03 (北京時間) 文字

第四回「中国人の日本語作文コンクール」開催


  中日両国の交流を促進する民間組織、日中交流研究所は5日、「第四回中国人の日本語作文コンクール」(在中国日本大使館、人民日報社人民網等後援)の募集要項を発表した。

  日中交流研究所が日本語作文コンクールを行うのは今年で4回目。今回は「北京オリンピック・中日青少年交流年記念、中日平和友好条約30周年・中国改革開放30周年」をテーマとして、新たに論文部門「中日ウィンウィン関係を築くには」とノンフィクション部門「私の知っている日本人」が設定された。

  論文部門では、北京五輪の開催、中日友好平和条約・中国改革開放30年、中日青少年交流年と節目が重なった今年、中日ウィンウィン関係を築けるかを題材とした作品が募集される。北京五輪、中日平和友好条約、改革開放、中日青少年交流年、中日首脳会談に基づく中日関係の改善、歴史問題、中日に関した事件(中国製ギョーザ中毒事件等)、日本・中国・中日の果たす役割、日本への期待、相互理解を深めるための提案、日系企業が中国人に愛される企業となるために、日系企業の利益追求と社会貢献、文化・スポーツを通して…など、中日関係をあらゆる問題から、鋭く論じた作品が期待される。

  ノンフィクション部門では、現在10万人以上の日本人が中国に居住し、企業人、文化人、日本語教師やボランティア活動など、中日の架け橋として各分野で活躍している。そこで、「私の知っている日本人」がどういった人物か、触れ合う中で何を得たか、また改善を希望する点など、ノンフィクションとして取材やレポート、エッセイなど自由にまとめた作品を募集。

  段躍中・日中交流研究所所長は「改革開放30年来、日本人が中国にどのように貢献してきたのか。友好の証として日本社会に発信し、歴史の一ページとして後世に残したい」と話す。

  応募資格は日本留学経験のない全ての中国人(留学経験は6か月以上の日本滞在とする)。学生の部・社会人の部でそれぞれ募集が行われ、厳正な審査を経て最優秀賞・一等賞・二等賞・三等賞・佳作が決定される。最優秀受賞者は副賞として日本に一週間訪問する。

  また、三等賞以上の受賞作品は書籍として日本僑報社から出版される。これまでに3冊刊行され、「中日交流そして日中問題に、最先端で直面している日本語学習者の得難い生の提言」として高い評価を得ている。

  07年には「園丁奨」が創設され、学生の作文指導に業績のある日本語学部(学科)への顕彰が行われる。昨年は10万円分の書籍が贈呈された。

  応募形式は以下の通り。

  字数は、縦書き、全角1600〜2000字(厳守。数字は漢数字を使用。可能な限り、中国語の簡体字ではなく、日本語の文字を入力すること。)

  データ形式は、デジタルデータとし、Microsoft Windowsで閲覧できるWordその他。(Word2003で閲覧できる形式が最も良い)

  氏名、住所、電話番号、メールアドレス、学校名・会社名、略歴等を明記。送り先は、日中交流研究所info@duan.jp(担当:三谷香子)まで。

  応募の大きな変更点として、今回から手書きではなく、デジタルデータ(メール)での応募となった。

  応募は、6月1日から受付。締切は6月30日(必着)

  「人民網日本語版」2008年3月5日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp