社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年03月08日15:05 (北京時間) 文字

チベットの活仏、転生者決定に必要な3原則


  西蔵(チベット)自治区の向巴平措(シャンバピンツォ)主席は7日、「活仏の転生者の決定には、歴史的な慣例・宗教上の規則・中央政府の認可という3つの原則および国家の関連法規を守る必要がある」と述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  向巴平措主席によると、活仏の転生者の決定に際しての歴史的な慣例と宗教上の規則は早くから制度化が進んでおり、重要な活仏の転生にあたっては「金瓶掣簽(金瓶に入れたくじを引く儀式)」が必要で、中央政府の許可も必要とされてきた。向巴平措主席は、「これらの原則を破って転生者の選定を行えば、チベット人やチベット仏教の信者たちは承諾しないし、その失敗は目に見えている」と述べた。

  中国国家宗教事務局は昨年7月18日に「チベット仏教活仏転生管理弁法」を発表、同法は9月1日に施行されている。同法により、中国政府による活仏の転生管理はよりいっそう法制化され、活仏の転生管理の規範化、信仰の自由の法律による保護、チベット仏教の正常な秩序の維持、社会主義調和社会の構築は大きく進んだ。

  向巴平措主席は、「チベットは現在、空前の求心力を見せている。チベットで行われるオリンピック関連活動は必ず成功するだろう。オリンピックを妨害しようとする活動は絶対にうまくいかない」と断言した。(編集MA)

  「人民網日本語版」2008年3月8日

  



関連報道
西蔵仏教の最高学府で入試 受験に挑む僧たち
西蔵文化ウィークが開幕 デンマーク
中国藏学者活仏文化交流団が訪米
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]