社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年03月28日16:38 (北京時間) 文字

ドイツ誌、ダライ集団の国家分裂の本質を暴露


  ドイツの週刊誌「われらが時代」は先日、「これは人権とは無関係だ」との署名記事を掲載し、西蔵(チベット)の半世紀余りの歴史事実を紹介することで、国家を分裂させ、反中国勢力に奉仕しようとするダライ(ダライ・ラマ14世)集団の本質を暴き出した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  記事の要旨は次の通り。

  西蔵は中華人民共和国に属する。これは半世紀以上にわたり条約を通じて正式に承認されており、「中央政府と西蔵地方政府」間で締結された平和解放協議に基づくものだ。

  解放前の西蔵は封建神権社会で、大多数の人々は宗教上の依存関係から支配階層である僧侶に非人道的な搾取を受け、当時の蔵(チベット)人の平均寿命はわずか39歳だった。だが、中国が改革開放政策を実施して以降、西蔵という、この元来立ち後れていた地区にも生気が溢れるようになった。自治区は現代的社会に向けて発展を続けており、経済、教育、さらには西蔵文化の研究においても進歩を遂げている。

  現代化の進行に伴い、西蔵の旧社会統治勢力は、その時流に逆行する政策を実現する土壌を失った。彼らは西側の反中国勢力の助けを借りて西蔵を中国から分離させることを望んでいる。こうした連中はその統治時代に西蔵人民の尊厳と人権をほしいままに踏みにじってきたのに、今日では人権の守護者を気取っているのだ。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年3月28日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]