社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月01日16:44 (北京時間) 文字

中国の日本企業に対する尊敬度、あまねく低い(1)


  ―中国の日本企業の三分の二の尊敬度は10%以下

  ソニーや東芝、トヨタといった中国での有名な日本企業52社を対象に行った調査によると、三分の二の企業の尊敬度がいずれも10%以下であることが明らかになった。「中国青年報」が伝えた。

  「中国日企(日本企業)」誌と北京益派世研諮詢有限公司が共同で実施した「2007年日本企業イメージ調査研究報告」が先ごろ発表された。この調査は2007年10月1日から開始され、半月かけてアンケート2089点を回収、調査は北京や上海、広州、成都、瀋陽といった10都市で行われた。

  この調査の担当者である北京益派世研諮詢有限公司研究部の梁円総監は調査結果に驚いたという。

  「『中国の日本企業の最新活動』と『中国の日本企業の社会貢献活動の理解』状況の調査で『知らない』と答えた人がそれぞれ44.3%と30.3%に達していることが明らかになった。逆に『マイナスの事件の理解度』の状況の調査では『知らない』と答えた人はわずか12.3%に達していた。」「好事門を出でず,悪事千里を走る」の状況にあることが明らかだと梁総監は述べている。

  中国の日本資本企業数は現在2万社以上に達し、日本企業の従業員数は1千万人近くになっている。

  日本企業の中国での投資が拡大するにつれ、その影響力も高まっている。伝統的な家電業界の他に、日本企業は自動車やIT、食品・飲料、化粧品といった分野でもますます多くのシェアを占めるようになっている。一方で、中国の日本企業の知名度と名声はそれに相応して向上しておらず、企業イメージとブランドイメージは次々と発生する事件やネガティブな報道から一定の影響を受けている。

  今回の調査で最高の尊敬度を獲得したのはソニーで65%の回答者から認知されている。2位は松下で46.1%、続いてキャノンとトヨタが30%以上、東芝と日立が20%以上となっている。

  報告によると、52社の有名な日本企業のうち、消費者の10%以上の尊敬を獲得した企業はわずか15%で、他の37社はいずれも10%以下(10%を含む)となっている。

  対照的なのは、調査対象となった企業について消費者がよく知っている点だ。

  報告によると、半数以上の企業について消費者が知っている割合は50%を超え、ソニーや松下、日立といった企業に対しては90%以上に達している。

  梁円総監は、企業の尊敬される程度と社会貢献とは密接に関係しており、企業の知名度は企業の製品の品質や広告と関係があるとして「この調査結果は中国の日本企業が参考として再認識する上で役立つ」と分析している。(編集YH)

  「人民網日本語版」2008年4月1日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp