社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月02日14:55 (北京時間) 文字

公安部、ダライ集団の民族分裂の国内ネットを解明(1)


  公安部は1日午後に記者会見を開き、「3・14事件」に関する最新の捜査状況と被害者の状況を発表した。

  ▽「3・14事件」はダライ集団が組織した「チベット人大蜂起運動」計画の一部

  武和平報道官は「私たちは拉薩(ラサ)で発生した暴行・破壊・略奪・放火の重大な暴力犯罪事件『3・14事件』が、ダライ(ダライ・ラマ14世)集団が組織した『チベット人大蜂起運動』の一部であることを証明するに十分な証拠を握っている。すでに公安機関はダライ集団の所謂『安全省』の某高官の国内における活動ネットワークをほぼ解明し、『3・14事件』の組織・画策・実行に直接参与した某幹部の身柄を拘束した」と発表した。

  武報道官は「公安機関は3月15日以降、国外のダライ集団と緊密に連携し、『3・14事件』の組織・画策・実行に参与した重要人物の身柄を相次いで拘束し、ダライ集団『安全省』の某高官の国内における活動ネットワークをほぼ解明した。拉薩警察は『3・14事件』の組織・画策・実行に直接参与した某幹部の身柄を拘束した。同幹部はダライ集団の某高官と連携を築き、その助言と指示の下に民族分裂活動に携わった犯行の事実を包み隠さず自供している」と述べた。

  武報道官はさらに「私たちはすでに、『3・14事件』がダライ集団が組織した『チベット人大蜂起運動』計画の一部であり、西蔵(チベット)で連携して破壊活動を行うことにより中国に危機をもたらすことが目的だったことを証明するに十分な証拠を握っている」と強調した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年4月2日



関連報道
公安部、ダライ集団の民族分裂の国内ネットを解明(2)
公安部、ダライ集団の民族分裂の国内ネットを解明(3)
公安部、ダライ集団の民族分裂の国内ネットを解明(4)
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp