鄭州空港、国内初の低価格ターミナルが運営開始(1)


  VIPラウンジ、喫煙室、搭乗バスがない、国内初の、低価格ターミナルが3月30日、鄭州新鄭国際空港で正式に運営を開始した。昆明、大連、廈門(アモイ)などの空港も、このような低価格ターミナルの建築を計画しており、国内の航空会社の低コスト運営をサポートしていく。「新京報」が伝えた。

  このターミナルは、今のところ、国内初の格安航空会社である春秋航空が使用するだけだ。情報によると、この低価格ターミナルで徴収される費用は、他の空港より50%前後も低くなっている。離発着料が、航空会社のコスト12%を占めることから計算すると、このターミナルの運営により、そのエアチケットの価格も、更に3〜5%ほど下げることができる。春秋航空の鄭州―上海の往復チケットは今のところ基本的に約70%オフで、其の他の航空会社と比べて36%も安い。その最低料金は99元で、平均座席利用率は95%に達している。

  鄭州空港の関連責任者によると、低価格ターミナルは、格安航空会社専用に作ったもので、鄭州空港の新設ターミナルの西側に位置する、もとの臨時国際線ラウンジを改築したもので、3800uの延床面積を有している。一般のターミナルの1u辺りの建築費用は1〜1万1千元だが、低価格ターミナルは2000元でまかなうことができた。 (編集WM)

  「人民網日本語版」2008年4月2日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]