社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月03日11:31 (北京時間) 文字

天津初の知的財産権産業化基地が臨海新区に


  天津技術開発区は臨海新区核心機能区の発展を促すため、天津市初の知的財産権産業化モデル基地を設置した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  天津経済技術開発区管理委員会科学技術発展局の韓玉剛副局長は、知的財産権産業化(バイオ医薬)モデル基地の設置目的について「国内外の先進技術の産業化に基礎的なプラットフォームを提供し、その導入を推進し、特許技術の運用・移転・産業化を加速し、産学研の有機的結合と研究成果の応用を推進し、技術革新力と研究成果の応用能力を引き上げること」と説明する。

  天津開発区は一連のサービスと優遇政策を通じて、知的財産権の積極的な創出と規範化された運用の環境を整え、企業による持続的な特許創出をバックアップする。08年度はバイオ医薬特許産業化事業10件を重点的に支援。年度末までに基地内のバイオ医薬企業の生産総額は2億元、特許産業化率は50%、特許出願数は80件に達する見込みだ。

  天津開発区の基幹産業の1つであるバイオ医薬産業は、まだ5%と規模は小さいが、毎年30%以上の成長を示しており、経済効率も優れている。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年4月3日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]