社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月09日17:09 (北京時間) 文字

海水耐性野菜を栽培 江蘇省が国内最大の生産地に


  中国科学院植物研究所と江蘇晶隆海洋産業発展有限公司とが協力して行った「国家863計画(1986年3月に始まるハイテク研究発展計画)」の一つ―海水耐性野菜の大規模応用栽培による野菜が目下収穫期に入っている。「新華日報」が伝えた。

  江蘇省大豊市にある300ムー(約20ヘクタール)の鉄製の大きな小屋の中には、海水耐性野菜が生き生きと育っており、大豊市はこれにより海水耐性野菜の全国最大の生産地となった。

  このプロジェクトは、主として灌漑に海水を利用し、資源の選別、生物の人工馴化技術と農業技術の近代化を結合させることにより、塩分耐性、海水耐性の野菜の新品種を栽培するもの。この野菜には、一般の野菜に含まれる各種の栄養だけでなく、各種ビタミン、アミノ酸などの成分が一般野菜よりも高く、うちカロチン含有量は40倍、微量元素の亜鉛、セレンなどは3〜7倍となっている。現在、同地ですでに栽培された海水耐性野菜は12品種になり、そのうちアスパラガス、海央菜(Suaeda salsa (L.) Pall、マツナの近縁種)の二つは国家により有機食品とAA級の緑色食品と認定されている。(編集YS)

  「人民網日本語版」 2008年4月9日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]