社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月21日17:03 (北京時間) 文字

中国、新疆の農業支援に2億元を拠出


  新疆農業大学によると、国家科学技術支援計画の一環として近く、新疆維吾爾(ウイグル)自治区の農業プロジェクトおよび農業関連の重大科学技術プロジェクトを始動することが明らかになった。国は果実業、生態型の酪農業など新疆の特色を生かした農業プロジェクト11項目に2億1千万元を拠出し支援していく方針だ。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  新疆は中国でも農牧業の面積が広く、綿花の生産量では全国一を誇る。農業プロジェクト11項目には期限が07年から3年間の4項目▽「乾燥地域オアシス節水型農業技術の研究とモデル」、▽「塔里木(タリム)盆地特産の果実業の発展につながる核心技術の開発とモデル」、▽「良質綿花の持続的な高生産技術体系の研究とモデル」、▽「西北農業地域の生態型酪農業の生産技術と乳牛の雌雄産み分け技術の研究開発」のほか、▽「主要農作物・家畜の新品種の選育」、▽「新疆肉用牛標準化の生産技術モデル」、▽「乾燥地域における特殊植物の種質資源保護と利用研究」などが含まれる。

  「乾燥地域オアシス節水型農業技術の研究とモデル」プロジェクトでは、主に低圧で節水型の潅水器や、低コストのマイクロ灌漑自動設備など新製品の開発が行われ、新疆の綿花畑や農園約233万ヘクタールで実用化が実現すれば、年間50〜60億元の増収が見込まれるという。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年4月21日

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]