社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月24日14:33 (北京時間) 文字

南京で新型の鎮痛剤開発 効能が大きく副作用も少ない


  江蘇省にある南京農業大学の免疫生化研究所はこのほど新型の鎮痛剤2種を開発したことを発表した。これらの鎮痛剤は鎮痛効果が大きく、それでいて副作用も少ない。現在、この新薬はすでに国家発明特許に登録申請された。「科技日報」が伝えた。

  開発した張治国教授は、次のように述べた。

  新型鎮痛剤AP2.0とAP2.1は、末梢神経の疼痛感を伝える機能を遮断することで痛みを抑える効果を出している。痛み部分に集中的に作用できるため、痛みが抑えられる時間が長く、その効能はこれまでのものよりも強いが、神経損傷の回復が可能で、副作用も少ない。この2種の薬は、イモガイ(Conus)から毒素を取り出し、アミノ酸との取替えやバイオ活性化を行い、遺伝子工学により合成した活性ペプチドで、自主的な知的所有権を有する。(編集YS)

  「人民網日本語版」 2008年4月24日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]