社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月29日10:28 (北京時間) 文字

海南省の経済特区20年、史上最高の発展期


  海南省が経済特区になってからの20年、省内の各族人民は思想を解放し、粘り強く奮闘し、改革開放と社会主義現代化建設の輝かしい成果を手にしてきた。

  省成立当初と2007年を比べると、GDPは57億元から21倍の1200億元余りに、地方財政収入は2億元余りから70数倍の150億元余りに、都市部住民の収入は945元から11.5倍の1万900元に、農民の年収は502元から7.6倍の3842元に増加した。海南省は実践の中で「人間本位」「経済発展」「豊かな生活」「望ましい生態環境」という持続可能な発展路線を模索してきた。

  海南省は全国最大の経済特区として、改革開放のテスト地域としての役割を発揮し、改革開放の試行と大特区事業の創始という二重の使命を担い、改革開放の「先兵」と「テスト地域」としての役割を発揮し、社会主義市場経済体制の試行、「小政府・大社会」の実施、省が市県を直接管理する体制の実施、燃料附加費改革の推進、企業登録改革制度の実施など、多くの事業を全国に「先だって」行ってきた。

  博鰲(ボアオ)アジアフォーラムの影響力の一層の高まりと共に、国際的な重要な慶祝イベントや文化コンテスト・スポーツ競技を相次いで成功させ、海南省の国際的な知名度と影響力は著しく高まった。

  経済特区になってからの20年は、海南島の歴史において最も良好で最も急速な発展の時期であった。国民経済は急速に発展し、社会事業は全面的に進歩し、都市と農村は様変わりし、人民の生活水準は著しく高まった。かつて立ち後れていた辺境の島は、今や繁栄する経済特区へと変貌を遂げつつあるのである。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年4月29日



関連報道
海南省三亜市、中国初の観光基準化モデル都市に
正月は春播きの季節 海南省五指山
海南省、今年初の高温報告 最高気温37度になる都市も
観光客に多言語でインフォメーション 海南省三亜市
海南省洋浦開発区 半年で133億元の投資を誘致
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]