社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年04月30日14:28 (北京時間) 文字

肺ガンがガンによる死因で中国第1位に


  衛生部は29日、第3回全国住民死因調査の結果を発表し、肺ガンの死亡率は30年前の5.65倍になったことを明らかにした。悪性腫瘍(ガン)による死因のうち、肺ガンは肝臓ガンを抜いて中国第1位となった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  衛生部疾病予防・抑制局の斉小秋・局長は29日の記者会見で、「都市部・農村部住民の腫瘍の発病と死亡の構造は変化している。一部の悪性腫瘍は死亡率が著しく低下しているが、環境や生活スタイルと係りのある肺ガンや肝臓ガン、結直腸ガン、乳ガン、膀胱ガンは死亡率やその割合がはっきりとした上昇傾向を見せている。なかでも、肺ガンと乳ガンの死亡率の増加は際立ち、それぞれ30年前の5.65倍と1.96倍になった。同時に食道ガン、胃ガン、鼻咽頭癌、子宮頸癌による死亡率は著しい低下をみせており、なかでも子宮頸癌が最も減少した」と紹介した。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年4月30日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp