社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年05月05日16:03 (北京時間) 文字

チベットの今と昔(2)人口の急速な増加


  西蔵(チベット)自治区の関連部門の統計によると、1950年に約100万人にすぎなかった西蔵の人口は、07年までに約2.8倍の284万1500人に増加し、そのうち蔵(チベット)人が92%を占めている。西蔵の平和的解放、とりわけ民主改革以来、中央政府は一連の措置を取り、西蔵各民族の人々の生産・生活の条件を改善し、生活の質を不断に高めてきた。西蔵の平均寿命は1959年の35.5歳から現在の67歳にまで上がっている。

  西蔵自治区は現地の実情に応じて特殊な計画出産政策を設けてきた。自治区政府は1984年から、蔵族の幹部・労働者・都市住民に対して、間隔をおいた2人までの出産を奨励してきたが、実施にあたっては自発性の原則を堅持している。80%を占める多くの農牧民に対しては産児制限を行っていない。

  西蔵の平和的解放、とりわけ民主改革以来、中央政府は西蔵財政に対する支援を強化してきた。自治区財政庁の丁業現・庁長によると、「西蔵の財力の成長は主に、中央財政の支持と援助によるもの」。中央財政は07年、西蔵に対して283億2100万元を補助しているが、これは02年の2.16倍にのぼる額だ。西蔵財政の07年の支出は275億3700万元(02年の2倍)。中央からの補助金の地方財政支出に対する割合は、全国最高の102.8%にのぼっている。

  中央政府と自治区政府による蔵族の人民に対する優遇政策と生産・生活改善のための大きな投資によって、蔵族の人口は急速に増加してきた。最新の人口変動サンプル調査に基づいた推計によると、西蔵自治区の総人口は07年末の時点で、1950年の2.8倍となる284万1500人。そのうち蔵族が92%を占め、門巴族や珞巴族などの少数民族が3%、漢族が5%となっている。西蔵の平和的解放以来、中国は西蔵に対して4回の人口調査を行ってきたが、西蔵の総人口に蔵族が占める割合は最高で96.6%に達している。蔵族は依然として西蔵の人口のうち最多を占める民族だ。(編集MA)

  「人民網日本語版」2008年5月5日



関連報道
チベットの今と昔(3)医療体制の充実
チベットの今と昔(1)200年にわたる人口停滞
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp