社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年05月30日15:57 (北京時間) 文字

「レンタル族」じわじわ増加、新たな商機(1)


  最近、インターネットの生活関連フォーラムをのぞくと、「チャイルドシートはどこでレンタルできる?」「私はレンタル派なので、ブロードバンド接続も時間単位でレンタルにしたい」「娘が大きくなったので古筝を習わせたい。どこに行けば楽器を借りられる?」といった書き込みをよく目にする。買わずに済ませる「レンタル族」がじわじわと数を増やしている。

  貿易会社で働く徐さんは最近、娘のためにピアノを借りた。一家の経済状態からすれば、新品を買うこともできたのだが、徐さんは娘がピアノを続けるかどうか確信がもてなかった。そこで練習用に1台借りて、毎月200元のレンタル料を払うことにした。

  娘はレンタルピアノが返されないようにと一所懸命に練習し、相当腕を上げたという。

  現在国内で唯一のレンタル専門サービスプラットフォーム「租租網」を立ち上げた朱偉栄さんによると、現在、同サイトのネット会員は1千人を超え、借りたい物を探せると同時に、一時的に不要な物を誰かに貸すこともでき、取引の手数料は無料だ。同サイトがまとめた大まかな統計によると、レンタル商品は約150種類で、アウトドア、旅行、キャンプ用品などは18品目に細分化されている。大きなものとしてはテントや寝袋などがあり、小さなものにはサバイバルナイフ、電圧変換器などがあり、必要なものは一通りそろっている。このほかインラインスケートのコーチやバスケットボールのコーチといった技能サービスのレンタルもある。驚いたことに恋人のレンタルというものもある。(編集KS)

  「人民網日本語版」2008年5月30日



関連報道
「レンタル族」じわじわ増加、新たな商機(3)
「レンタル族」じわじわ増加、新たな商機(2)
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:info@peopledaily.co.jp