社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年06月02日15:36 (北京時間) 文字

中央銀行の信用情報システム 約6億人分を収集


  中国人民銀行(中央銀行)の蘇寧副行長(副総裁)は先月31日に行われた「全国信用情報キャンペーン月間」の活動スタート式で、「人民銀行は商業銀行を動員して企業と個人の信用情報システムを構築しており、これまでに企業約1300万社分と個人約6億人分の信用記録を収集した」と述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  信用情報の収集は、専門の独立した第三者機関が企業や個人向けに行うもので、合法的に収集した情報を客観的な視点で記録し、合法的に情報を外部に提供する。人民銀行は全国統一の企業・個人信用情報基礎データバンクを構築しており、おもに企業・個人の金融分野での貸借状況、環境保護分野での遵法状況を記録している。

  現在、銀行業を営む金融機関は、企業・個人の信用情報調査システムを資金貸付業務に不可欠のものとしている。人材資源、社会保障、環境保護、品質検査などの担当部門も同システムを利用し、各業界の信用状況の確認や法律執行状況の管理などに役立てている。(編集KS)

  「人民網日本語版」2008年6月2日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]