社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年06月04日16:56 (北京時間) 文字

「新潟覚書」 東北地区の振興で中日が協力(2)


  ある地域経済の専門家によると、このたびの「新潟覚書」で提起された協力分野は中国政府が策定した「東北地区振興計画」と合致する。現在、東北は一部の地域でインフラ整備が立ち後れ、関連の政策・法規も透明性が低く、こうした点が外資導入の歩みを鈍らせている。これに比べて、大連市や青島市などは投資環境が整い、高い吸引力を備えている。

  このため同専門家は、東北地区のハード面、ソフト面での競争力向上は同「計画」のカギだとみる。このほか関連の国家政策によるバックアップを受け、外資を適切に導入してこそ、この地区の経済が飛躍的発展を遂げることができるのだという。

  さきの2008年中日経済協力(新潟)会議を主催した日中東北開発協会、日中経済協会の張富士夫会長によると、今回の会議では東北地域7県を中心とした日中の東北地域間の理解と協力を深めた。次回の会議は09年8月に内蒙古自治区呼和浩特(フフホト)市で行われる予定。(編集KS)

  「人民網日本語版」2008年6月4日



関連報道
「新潟覚書」 東北地区の振興で中日が協力(1)
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]