電信業界「三国鼎立時代」に(3)中国聯通


  このたびの再編合併(M&A)が新中国聯通に与える影響は複雑だ。CDMA業務の売却と株式交換方式による中国網通の買収を経て、新中国聯通は人事、機関、ネットワーク、企業文化の調整という複雑な課題に直面することになり、すべてを消化するには相当な時間が必要になるとみられる。中原証券の馬欽キ研究員によると、新中国聯通は中国網通と旧中国聯通が合併して誕生したものであり、モバイル分野と固定電話分野のいずれにおいても豊富な人材や運営・営業販売の十分な実績を備える。今後の業務全体の経営力も高く、長期的にみて優れた発展モデルを備えているといえる。(編集KS)

  *キ:「玉偏」に「奇」

  「人民網日本語版」2008年6月4日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]