社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年06月13日11:25 (北京時間) 文字

海外各証取所、中国企業の上場誘致に熱心


  天津で10日から12日まで開かれた「第2回中国企業国際融資商談会」では、ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、東京証券取引所、香港証券取引所、シンガポール証券取引所、ドイツ証券取引所など多くの海外証券取引所がそれぞれ上場説明会を開催、多くの中国企業の上場を熱心に誘致した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  統計データによると、計118社の中国企業が2007年、ナスダック、ニューヨーク証券取引所、香港マザーボード、シンガポールマザーボード、ロンドンAIM、東京証券取引所などの海外株式市場に上場した。調達資金は計397億4500万ドル、上場企業1社あたりの融資額は3億3700万ドルに達した。

  業界専門家は、海外の各証券取引所による中国企業の争奪戦が繰り広げられている要因は、次の2つと分析している。

  (1)中国経済の持続的成長に伴い、中国国内企業が融資による設備改造、生産規模拡大、全体競争力アップなどの必要に迫られている。

  (2)中国国内市場の資本はこれまでに比べ幾分余裕が出てきた。しかし、中国資本市場には多方面にわたる柔軟性を持った融資構造が不足していることから、中小企業の融資条件は依然極めて厳しく、中小企業発展の足かせとなっている。

  (編集KM)

  「人民網日本語版」2008年6月13日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]