北京発香港行き旅客機が乱気流に遭遇 11人が負傷


  香港港竜航空公司(ドラゴンエア)の北京発香港行きの旅客機が12日夜、香港上空で乱気流にあい、乗務員8人と乗客3人の計11人が負傷して病院に送られた。新華網のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  フライトナンバーKA909便のこの旅客機には乗客256人と乗務員18人が乗っており、香港上空に差し掛かった時に乱気流に遭遇したが、夜8時頃香港国際空港に無事着陸した。

  11人が近くの病院に運ばれて治療され、軽傷の2人は空港で治療を受けた。病院に送られた負傷者の一部は担架で救急治療室に運ばれたという。

  港竜航空公司はこの事件に対してお詫びの意を表すと共に、被害にあった乗客と乗務員への善後処理に協力し、事件の原因を詳しく調査すると述べている。(編集YH)

  「人民網日本語版」2008年6月13日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]