広西、広東、湖南、江西各省の一部で集中豪雨





  中国中央気象台は12日、降水量のオレンジ警報(警報は弱い順に青、黄、オレンジ、赤の4段階に分かれる)を発表した。12日夜から13日昼にかけて湖南省南部、江西省中南部、福建省西部と南部、広西省中東部、広東省の大部分で大規模な雨が降ると予報している。そのうち広西省東北部、広東省北部、湖南省南部、江西省の中部と南部などでは局地的な大雨となる見通しだ。新華網のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  中央気象台の最新の観測結果によると、12日夜から13日昼にかけて、北西地区の東部、華北地区の中西部、江南地区の大部分、雲南省の南部と西部、四川省北部、河南省西部といった地域で雷雨となり、一部地域では雷雨を伴う集中豪雨やひょうなど強い対流の天気となる可能性がある。(編集YH)

  写真(1):12日、水浸しの桂林市の環城(都市環状線)西路。

  写真(2):12日、冠水した道路を進もうとする桂林市市民。

  「人民網日本語版」2008年6月13日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]