チベットでの聖火リレーが21日開催 1日に短縮


  北京オリンピック組織委員会が17日に発布した公告によると、新たに調整された西蔵(チベット)自治区での聖火リレーの日程は6月21日となった。予定では、拉薩(ラサ)から山南(ロカ)地区にかけてリレーが行われていたが、拉薩市内だけにとどめ、日程も1日間だけとなった。従来の計画では、6月19日から21日まで、西蔵自治区内でリレーが行われる予定だったが、四川大地震発生後、北京オリンピック組織委員会の国内各地の聖火リレーの規模縮小化にしたがって、日程・距離ともに短縮された。「京華時報」が伝えた。

  5月8日に世界最高峰・珠穆朗瑪(チョモランマ)登頂を果たした聖火の種火は、全国を巡回済みの聖火と、この拉薩聖火リレーの式典において、改めて合流することになる。(編集WM)

  「人民網日本語版」2008年6月18日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]