市民の告発が汚職官僚摘発の重要な情報源に 天津市


  天津市人民検察院が25日に発表した統計は、業務上横領・贈収賄・職務怠慢・権利侵害といった官僚による犯罪を検察機関が摘発する上で、市民からの告発が重要な情報源となっていることを示している。市民による民主的な監督と検察機関による法的監督が互いに結合することで、不法官僚は法の網を逃れにくくなっている。「新京報」が伝えた。

  06年以降に、天津市の検察機関に寄せられた市民からの通報は4932件。うち、経済犯罪の告発が3514件で全体の71%を占めた。このうち業務上横領・贈収賄に関するものは3156件。検察は市民からの通報に基づき、金額が大きく、ポストの高い重大事件を集中的に捜査。2年間で、業務上横領、贈賄、職務怠慢、権利侵害などの業務上犯罪1555件を摘発、うち重大事件は85%を占めた。また、これにより国の経済的損失1億4600万元余りを回収。告発に貢献のあった45人を表彰した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年6月26日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]