社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年06月30日14:29 (北京時間) 文字

青島ヨット競技会場  緑藻の除去作業に数万人を動員


  青島市近海の沖合に大量の緑藻が漂着してから、青島市では総力をあげての除去作業が行われている。28日までに除去した藻類は10万トン以上におよんだ。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  青島市海洋漁業局の王淑蓮副局長は「5月31日、国家海洋局北海分局が撮影した空中写真や漁業従事者によると、この大量の流れ藻(主にスジアオノリ)は、黄海中部海域から、青島近海にどんどん流れ込んでおり、その影響がおよんでいる面積は、最大約1万3千平方キロメートルで、実際に流れ藻が埋め尽くしている面積は約400平方キロメートルほどだ」と述べている。

  青島市は、注意報が出されてからまず、緊急の監視測定を稼動させた。6月12日午前に、巡回船が大公島附近でまばらに分布する流れ藻を発見したため、すぐに除去のための船舶を出動させた。6月14日、大量の流れ藻が青島沖合に漂着したため、青島市は緊急発令を出し、対応に当たった。この後、除去に当たる人員や船舶の数を増やし続けている。

  王副局長によると、28日までに、青島市政府は全市の人員を総動員させ、流れ藻の除去作業に当たらせている。すでに数万の人員、各種の船舶千艘以上、重機数十台がその除去作業に当たっている。

  青島市は、更に有効な方法で流れ藻を除去し、衛星画像、空中写真、巡視船による監視などの手段を利用し、黄海および青島近海の流れ藻の流動情況を監視し、追跡監視や動態予報を強化していく。また、除去や隔離をもって、作業の進度を加速させていく予定だ。

  青島市は2008年北京五輪の共催都市で、五輪ヨット競技の開催地である。(編集WM)

  「人民網日本語版」2008年6月30日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]