中日共同で海岸沿いに海岸防護林を造成 天津市


  中国緑化基金会と日本のNPO法人「世界の砂漠を緑で包む会」はこのほど、天津市の海岸沿いに海岸防護林を植える中日緑化協力事業の取り決めに調印した。日本側は今後3年で毎年1千万円の資金を投じ、中国側と協力して海岸防護林を造成することになっている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

  世界の砂漠を緑で包む会は今後、小渕基金を活用して、天津市大港区官港緑化基地に助成し、海岸沿いに10キロメートル、200ヘクタールにおよぶ高水準の海岸防護林を造成する計画だ。今年から3年間を3期に分け、1期ごとに66ヘクタール以上の海岸防護林が造成される。日本側はこの間、毎年1千万円を助成する予定だ。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年6月30日




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]