社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月03日18:15 (北京時間) 文字

深セン市が居住証制度を実施(3)年内に500万枚発給


  市政府は年内に居住証を500万枚発給し、来年前半中には市内の流動人口の90%以上に居住証を普及する計画だ。

  深セン市に来て6年になるあるホテル従業員は、市の戸籍がないために子どもの入学が難しく、辞職して帰郷することも考えた。「居住証を持って、深セン市にも帰属感が湧きました。もう辞職して帰郷しようとは思いません」。塩田区のある外資系企業の人事担当者は、居住証制度ができてから辞職者や転職者が目に見えて減ったと指摘する。「外来従業員の多くが身分の変化を感じ、みなが『深セン人』になったからですよ」。

  専門家は、居住証制度は「本地」と「外来」による住民の区別を取り払い、「戸籍」の概念を弱め、「住民」の概念を強め、「秩序ある」人口流動を形成すると同時に、伝統的な戸籍制度の合理的な芯は受け継いでいるとして、これを「人口管理の伝統的理念・伝統的制度・伝統的方法に対する全面的な改革でありブレークスルー」と表現。「居住証制度は同じ都市の居住者に同等の『市民待遇』を与え、身分の平等を強く打ち出している」と指摘する。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年7月3日



関連報道
深セン市が居住証制度を実施(3)年内に500万枚発給
深セン市が居住証制度を全面施行(1)流動人口に市民待遇
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]