社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月11日14:08 (北京時間) 文字

「チベット3.14」暴力事件、42人の被告に判決


  西蔵(チベット)自治区政府の白瑪赤林・常務副主席は拉薩(ラサ)市で10日午後、西蔵入りしたインドとイタリアの記者団に向けた記者会見に出席し、拉薩で起こった「3.14」暴力事件に加わった不法分子42人に対する判決が拉薩司法部門によってすでに下されたことを明らかにした。新華社が伝えた。

  白瑪赤林副主席によると、拉薩市中級人民法院は4月29日に公判大会を開催し、「3.14」暴力事件の一部の被告に対して公開で判決を言い渡した。当日判決が言い渡された30人のうち、量刑が最も軽かったのは懲役3年、最も重かったのは無期懲役だった。

  「拉薩事件の被告が死刑となる可能性があるか」という質問に対し、白瑪赤林副主席は、「すでに判決を言い渡された被告のなかに死刑となった被告はいない」とした上で、「現在取り調べを受けている容疑者が死刑となるか否かは中国の法律に基づいて決定される」と述べた。(編集MA)

  「人民網日本語版」2008年7月11日



関連報道
チベット政府、「3.14」事件の被害店舗に各種優遇措置
BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]y.co.jp