韓長賦氏略歴


  1954年10月生まれ、中国人民大学農業経済学部卒。第17期中央委員、中共第16期全国代表大会で中央紀律検査委員会委員に選出。現職、中共中央委員、吉林省党委員会副書記、省長。

  長期にわたって国のマクロ経済運営および農村発展などで研究と実際の業務に尽力し、国民経済のマクロ運営、優良農産物の区域別分布、土地制度、農民工(農村出身の出稼ぎ労働者)問題、町づくりなどを掘り下げて研究し、一連の視点と構想を確立した。その著作「現代化の過程における『三農(農民、農村、農業)』問題」は、三農を解析し、中国の農村における現代化建設を推進する重要学術書である。長年、「人民日報」「経済日報」「光明日報」「求是」「農業経済問題」などの重要紙に多くの関係学術論文を発表し、理論界や政府の政策決定部門に大きな影響を与えてきた。

  1986年 共産主義青年団(共青団)中央常務委員、宣伝部部長

  1990年 共青団中央常務委員、青農部部長。中央財経指導グループ弁公室弁公庁副主任、農業グループ副組長。中央財経指導グループ弁公室副主任

  2001年8月 農業部常務副部長、党組副書記

  2003年6月 国務院研究室副主任、党組副書記

  2006年12月 吉林省党委員会副書記、省長代行

  2007年1月 吉林省第10期人民代表大会第5回会議で省長に選出

  2007年5月 中共吉林省第9期委員会第1回全体会議で省副書記に選出

  2008年1月 吉林省第11期人民代表大会第1回会議で省長に選出

  「人民網日本語版」資料




広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]