社会 マクロ経済
政治産業界
評論 記者会見
転載 科学技術
中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾



 
  更新時間 :2008年07月18日16:58 (北京時間) 文字

世界有数の投資ファンド、チャンスを求めてアモイへ


  第12回中国国際投資貿易商談会が9日8日、廈門(アモイ)で行われる。大会組織委員会・運営部の李流泉・副部長は「今年は商談会期間中に中国財産権取引フェア(China Property rights Exchange Fair)を重点的に推進する。この間、1000億ドル規模の巨額資本を抱えた世界トップクラスの私募ファンドが投資事業を求めて参加する見通しだ」と紹介した。「市場報」が伝えた。

  中国財産権取引フェアは、商談会のメリットを生かし、財産権の取引および成長企業の融資サービスをめぐり、投資側・事業側・仲介側が全面的に参加して意思疎通を行う。このほか、展示、シンポジウム、事業の直接商談も行い、各分野の投資機関が300社以上出展・出席し、投資総額は1000億ドルを超える見込みだ。カーライル・グループ、バークシャー・ハサウェイ、リーマン・ブラザーズなど世界有数の投資ファンドがチャンスを求めてここに集結し、350社を超える高成長企業や、5000を上回る優れた融資事業がパートナーを求めて、このフォーラムに参加する。

  毎年9月8日にアモイで開催する中国国際投資貿易商談会は今年で12回目を迎え、ここ数年で中国にとって国際資本を導入する重要なプラットフォームへと発展した。(編集KA)

  「人民網日本語版」2008年7月18日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3613  MAIL:[email protected]